Bandit Mode

記事一覧(47)

帰国子女

約半月前アメリカから1人の中学2年生が練習参加をすることに彼がもたらした大きな刺激はチームの財産に彼は、日本語、英語、ポルトガル語がペラペラでこの歳でうらやましいそれだけじゃない謙虚で人柄がとても良いナイスガイだ(笑)長期休み期間におばあちゃんのいる日本に遊びにきたサッカーが大好きな彼は、自らサッカーができる環境を探し自らすべての連絡のやり取りと手続きをして練習参加することを実現おそらく、初めてと言っていいほど日本の公共交通機関に慣れていないそれでも会場を伝えるだけで時間通りにしっかり来る当たり前のことなんだけど仮に自分が英語がペラペラだっとしてアメリカへ行ったとする慣れない文化、初めての電車やバスを乗り継いで移動する・・・・・想像するだけでかなりのパワーを使うましてや、知らない集団の中へ飛び込んでいってサッカーを楽しめるのか?とてもじゃないけどストレスは高いそれを14歳が1人で さらっ とやってしまう現実を目の当たりにしたこれをチームみんなで共有して想像だけども自分の経験におき変えられないかそうやってみんなに経験してもらったアメリカから日本へ1人で遊びに来てサッカーもやって他にも、日本での時間を満喫しているに違いない自分で決めて自由に行動しているそしてその裏側にきちんと責任を持って行動しているサッカーでのプレーをみていても、すべてのプレーに責任があるそんな彼を温かく受け入れたチームメイト達こいつらも凄い!スポーツ、サッカーで通じ合った素晴らしい人間模様が短い期間に凝縮されていた中学生たちのコミュニケーション能力に驚かされた期間でもあったあっという間の2週間だった彼がもたらした時間は、相乗効果となってチーム全体の意識が変わったように感じる最後はやっぱりさみしいですが彼らが共に過ごして切磋琢磨した時間を将来に繋げてほしいと思うタクヤありがとう!またいつでも遊びにおいで

6月11日SCHOOL

本日のスクール(6月はマンU期間) 静止した状態から、ゆっくりじっくり丁寧にボールを扱う練習もしたい所ですが、いつも元気いっぱいで全力投球のマンUの子達に「ゆっくりやれよー」と伝えても、なんでやねん。と突っ込まれそうな勢いなので、それなら!スピードを上げた中でのボール扱いの時間をなるべく多く設けて技術を高めてもらおうじゃないかということで、スピードを出しやすい設定にして練習しています。 しかし、速く走ることに比例するかのように力強くボールを触り、1回ボールを触るごとにボールが遠くへ行ってしまう・・・。 次ぐのタッチがスムーズにできるように。とシンプルにそれだけを意識してもらっています。 タッチを易しくしようとすると減速するし、スピードを上げるとまたボールは遠くに行ってしまうしで、そんな時間をたくさん経験して微調整をしながら少しずつ上手く扱えるようになっていってます。 スピードとあとはボールの○○○に工夫をすること。これは秘密だよ。と伝えていますのでここでは控えますが、これもなかなか難しい。ミスの多くなる原因を伝えて理屈では理解してくれているのですが、とっさにやってしまうんだよなぁ。って感じです。 このあたりももっと練習していけば、上手くなっていけると思います。 それから、集中力や闘争心が・・・これについては、「ない」とか「低い」とはではなく本質に向けて出せているかどうかだと思いますが、本質にせまれるようにも伝えていきたいと思います。 次回は13日の木曜日!彼らの元気バロメーターがMAXであることを楽しみにしています。